美肌にする秘訣を知る|美しい肌にするサプリ特集

活性酸素を水にします

活性酸素の影響

水

年をとると肌が荒れやすくなったり、内臓の働きが悪くなったりしますが、その原因の多くは活性酸素にあります。カットしたバナナが茶色に変色するのは、断面が酸素によって酸化するからですが、活性酸素も同じような影響を体の内外にもたらすのです。たとえば活性酸素によって、肌は茶色にくすんできますし、局部的に特に濃い茶色になることで、シミができたりもします。さらに体内では、細胞が悪性のがん細胞に変化することもあります。そのため活性酸素から体を守る効果のある水素水を飲んでいる人は、多くいます。水素水は、活性酸素を水に変化させ、尿として排出させることができるのです。また、飲むだけでなく肌表面に塗ることも効果的です。塗ることで肌表面の活性酸素がなくなれば、くすみやシミが防がれやすくなります。

タイミングを選んで利用

活性酸素には、紫外線によって力を増すという性質があります。そのため日差しの強い日に外出をしていると、それだけ体は活性酸素の影響を受けやすくなります。肌が日焼けして褐色になるのは、活性酸素による影響から肌が身を守るために、メラニン色素を過剰に作り出すようになるからです。もちろん肌だけでなく、体の内部にも影響が及びます。そのため水素水は、日差しの強い時にこそ飲んだり塗ったりすることが大事と言えます。また、活性酸素は呼吸によって入ってきた酸素の一部が変化してできるものです。そのため、呼吸数の多くなる運動中も、水素水を飲むことが効果的です。このように水素水は、タイミングを選んで利用することで、より高い効果を発揮するようになるのです。